--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ComfortMouse6000 評価

2011年06月19日 22:15

ComfortMouse6000を使い始めてもうちょいで1ヶ月なので、そろそろ個人的に評価を決定したいと思う。
とりあえず、使用感とかは前回のままで。

今回は評価できる点と残念な点でバッサリ書いてみる。

-評価できる点-
・IE3.0とほぼ同じ形状で持ちやすい
・軽い(軽いマウスの方が好きなので)
・ボタンがしっかりした作り
・シンプルなデザイン
・リフトオフディスタンスが短い *1

-残念な点-
・ホイールクリックに0.5~1秒くらいの遅延がある
・IE3.0と同じように、勝手にホイールが反応することがある
・たまにチャタリングが起きる *2
・マウスレートが125hz固定 *3
・ネガティブアクセルが起こる *4
・1000dpi固定 *5

*1 リフトオフディスタンス・・・マウスを持ちあげた時にセンサーが反応しなくなる高さのこと
*2 チャタリング・・・一回のクリックでダブルクリック状態になること
*3 マウスレート・・・マウスが1秒間に情報を送信する回数のこと、大抵の無料FPSは125hzでOK
*4 ネガティブアクセル・・・すばやくマウスを動かした時に、センサーが反応しない現象
*5 dpi・・・ざっくり言えばマウス感度のこと


-総評-
全体的に見ると、期待の割に結構残念なマウスだった。
ボタンとかホイールの作りだけを見ればIE3.0から改善されているが、中身の機能性はほとんど改善が見られなかった。
ホイールクリックに至っては遅延があるし、購入して1週間くらいからチャタリングが起こるようになった。
更にマウスレートが125hz固定という仕様変更は、どう考えても改悪としか思えない。

決して「全然使えないマウス」という訳ではないが、まぁ万人受けはしないと思う。
とりあえずIE3.0が手元にある人は、買い替えずにそのまま大切に使った方が良いです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rai10apsa.blog83.fc2.com/tb.php/142-02fb5dbb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。