--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶モニタ「XL2410T」レビュー的なもの

2010年12月21日 23:27

先月購入したゲーミングモニタ 「XL2410T」

http://rai10apsa.blog83.fc2.com/blog-entry-106.html
http://rai10apsa.blog83.fc2.com/blog-entry-107.html

使い始めてそろそろ1ヶ月になるのでそろそろレビュー的なものを書いてみたいと思う。
文章力不足ながらもとりあえず思いつくことからgdgd書いていきます。


【リフレッシュレート120Hz】

早速使った感想に入りたいけどその前に、まずリフレッシュレートとは何ぞや?という人の為に簡単に説明したいと思う。
映像の滑らかさを表す値としてフレームレート(単位 fps)というものがあり、ゲームを少しでも快適にプレイしようと思う人はまずこれを上げようとします。
そこでその土台となるのがリフレッシュレート(単位 Hz)です。
フレームレートとは「1秒間に表示する画像の数」
リフレッシュレートとは「1秒間に画面の書き換えを行う回数」
そしてそれらの関係は フレームレート ≦ リフレッシュレート であり、フレームレートがリフレッシュレートを超えることはありません。
例えば、ゲームで100fps出ていたとしてもモニタのリフレッシュレートが60なら、実際のフレームレートは60fpsしか出ていないことになります。
簡単に言えばフレームレートは水でリフレッシュレートがコップ、多くの水を入れるためには大きなコップが必要・・・ってなわけで!

とりあえず、リフレッシュレートは重要なのです。



さてここから本題。
このモニタで僕が最も期待していた「リフレッシュレート120Hz」
早速試してみたところ・・・、というよりも試す以前に、マウスポインタを動かしただけでもう「120Hz」の世界を実感することが出来ました。
前に使っていた75Hzのモニタと比較してもその差は歴然としています。
マウスポインタとはこんなに滑らかに動くものなのかと。
「フレームレートにリフレッシュレート?訳わかんねwww」という人もこれさえ見れば納得できると思います。

「マウスポインタでこれだけ違いが出るならば、ゲームの世界も変わるのでは!?」
僕も含め、そう期待した人はいるでしょう。しかしここで少し問題が出てきました。
ゲームクライアント側のFPS制限です。
僕が試したいくつかのゲームの中の「Counter-Strike:Source」ではフレームレートの制限が無く(自分で掛けることも出来る)120fpsを超えるので、このモニタの性能を十分に発揮できます。
しかし制限のあるゲーム、僕がよくプレイしているゲーム「サドンアタック」を例として挙げると
サドンアタックではフレームレートが大体84fpsくらいに制限されてしまいます。
今まではリフレッシュレート75Hzのモニタでプレイしていたため、フレームレートは一応10ほどは上がったのですが、その違いを実感できるかと問われると微妙な感じです。
でも全然変わらなかった訳ではないので一応良かったです。
(ちなみにFPSが120以上出るゲームでは大興奮出来ます。)

それと最後に、他のメーカーで既に発売されている120Hz液晶モニタでよく聞くのが「120Hz駆動時のモニタからの異音」
個体差があるかどうかは分りませんが、僕のXL2410Tではそのような音は鳴りませんでした。



【ディスプレイモード調整】

ディスプレイモード調整とはつまり・・・

画面いっぱいに表示されてるゲームを
monita1

こんな感じに調整できる!
monita2

これは1:1表示というもので、解像度が1024x768なのでそのまま1024x768の大きさで表示されています。
この他にも縦横比(アスペクト比を崩さずに出来る限り大きく表示)、17インチ、19インチ、19インチワイド、22インチワイドの大きさに設定することができます。

この機能は自分の一番プレイしやすい画面の大きさに調整できるのでかなり便利です。
僕は1024x768の1:1表示や、17インチが一番やりやすいと思った。
ちなみに全画面にするとかなり画面でかくて横に広いので臨場感が半端じゃない。
でもあまり調子に乗ってやると酔います。


【画質調整モード】

画質調整モードとは、あらかじめプリセットされている数個の画面設定があり、用途に合わせて切り替えられる機能です。

標準(普通)
FPS(FPSゲームをプレイするのに適している)
写真(静止画を見るのに適している)
動画(動画を見るのに適している)
eRGB(プリンタなどの周辺機器と色を一致させるー・・らしい)
エコ(節電)
ユーザー1(自由に設定)
ユーザー2(自由に設定)

上記のように色々なモードがありますが、僕は基本常にFPSモードですね。
理由としてはモードを切り替えるにはモニタ側面のボタンからの操作が必要ですが、ディスプレイモードはボタン一発で切り替えられるのに対し、この画質調整は少しだけ面倒。
ボタンが操作しにくいというのもあるかもしれません。(モニタのボタンってほとんど操作しにくい気がするけど・・・)
一応動画とか見る時はモードを切り替えていますが、モノによっては色合いが変になったりするので、見やすいように自分で調整したほうがいいかもしれません。

【高速応答技術 AMA(Advanced Motion Accelerator)】
この機能により、展開が早い映像などを見る時にくっきりと見えるようになるようです。
きっちりと比較してないのではっきりとは言えませんが、以前使ってたモニタよりもこのモニタの方が映像がくっきりと見えているような気がします。
この機能はゲームに対しても(おそらく)有効のようで、ON、OFFで違いが見えました。
ただし、劇的に変わるわけではなく「ん~・・・なんとなく変わってるような・・・」みたいな感じなので普段のプレイではあまり実感できないかも知れません。
でもきっと無いよりはマシですw




【その他諸々のこと】

高いコントラスト比を備えているので、コントラストをがっつり上げるとかなりゲーム画面が見やすくなる。
明暗がはっきりするので「今まで見辛いなぁ・・」と思っていたステージも見やすくなりました。
これだけのコントラスト比があれば視界の悪さなどの心配は無いと思います。
ただし、全体的に白い画面を見る時はコントラストを下げないと眩しくて目が痛くなります。

画面を回転出来たり、高さや角度を調整出来たりするので便利。
やっぱりゲームをするにあたって、自分の見やすい姿勢を作ることも大切ですしね。
ただモニタと固定スタンドの接続の部分が気になる、少し力を加えただけでも画面が揺れてしまいます。

モニタ側面のボタンは前述したとおり操作しづらいです。
せめて文字を白にするとかしてほしかったかも。
この辺
CAKEDC3V.jpg

あと、画質調整モードをボタン一つで出来るようになればなお良い。

3DVisionにも対応しているみたいです。
ただ別途購入の必要なものがあるので自分はまだ試せていません。
(赤と青のアレは出来るけれど眼鏡がない)



まとめ

総合的にはよいモニタだと思う。
多少の不満はあったけれども、決して致命的なものではない。(というか少し面倒くさいだけ)
少し値は張ったけれども、心から買ってよかったと思えるモニタでした。
PCゲーマーなら絶対オススメの一品です。



もし買いたいという人はここから買ってね買って下さいお願いしますいやマジでお願いします。


コメント

  1. モルコロリン | URL | -

    やっぱデスクトップパソはいろいろつけたりなんやかんやできたりでいいっすね

  2. rai10ap | URL | yRr8um9w

    >>モルコロリンさん

    モル君も次にPC買う時はデスクトップをオススメするぜー
    いろいろ付けたいならなるべくケースがでかい奴ねー

  3. くるくる | URL | -

    詳しく説明してくれてるから分かりやすいぜ。俺も次はデスクトップだな・・。ライ君復帰したらまた一緒にがんばろうぜ。ただいま新PC用にお金貯めてます。

  4. rai10ap | URL | yRr8um9w

    >>くるくるさん

    詳しく説明するために俺も詳しく説明してるサイトにお世話になったぜー
    もちろん転載はしてないよw

    やっぱりノートPCはキツイよねぇ・・・
    最近じゃゲーム用ノートPCなんてものが売られてるけど実際使えるのかな
    あとモル君にも言ったけどデスクトップPC買って色々自分で弄りたいのならケースがでかい奴をオススメするぜー

    そして仕事決まったんだっけ?
    もしそうなら★:゚*☆※>('-'*)♪オメデトウ♪(*'-')<※★:゚*☆
    俺も大学に向けて必死ですw
    お互い頑張ろう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rai10apsa.blog83.fc2.com/tb.php/109-c4753eb3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。