--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xaiレビュー(的なもの!)

2012年01月28日 19:01

気がついたら新年初記事から20日以上経ってますね。新年早々ナンテコッタイ。
ブラウザのお気に入りを整理していたら「きっとなんとかなるよ-rai10ap-」が一番下に来ていました。開く頻度に合わせて並び替わる設定だったからこうなってしまった。マジでBlogの存在忘れてたぜー、つれーわー。

ということで久々にBlog管理ページに来たわけですが、なんとここで年末年始にちまちまと書きためていた下書き状態の記事を発見。本当は今年最初の記事の数日後にUpしようと考えてた記事ですが完璧に忘れてOrz
そんな訳で今回、その記事を投稿したいと思います。




xai.jpg


去年の9月くらいにXaiというマウスを購入したのですがなかなか慣れることが出来ず、2か月くらいで結局安定のIE3.0に戻していました。ところがそのIE3.0が最近調子が悪くなってきたような気がする(確証はないけどなんか変な感じ)ので、急遽Xaiをもう一度使ってみることにしました。IE3.0が生産終了してしまい予備も持っていないこともあって、今のうちに違うマウスを探しておかないとね。
そんなわけで一週間前くらいからXaiを使ってました。今回この一週間での使用感、レビュー的なものを書いていきたいと思う。
(ここ書いてた当時では1週間だったけど、実際1ヶ月くらい使ってるよ!)


-形状-
左右対称で左右にサイドボタンが2個ずつ付いています。
サイズは割と小さめ、手の小さい人も使いやすいと思います。
僕は結構手が大きい方ですが、特に違和感を覚えることもないので手の大きい人でも問題なく使えると思う。(ちなみに僕は被せ持ち)
左右に付いているサイドボタンですが、使い始めて間もない内は結構気になると思います。というか気になりました。でも僕の場合3日も経たないうちに気にならなくなったのでそんなに心配する必要はないと思います。
個人的には、IE3.0よりもXaiの方が持ち易くて気に入っています。

-ボタン類-
クリック部分
左右共にIE3.0よりも少し固い、でもしっかりとした作りになっているイメージ。
はっきりとクリックしている感覚が伝わるので、単発撃ちもバースト撃ちもしやすくて好印象。
ホイール部分
こちらもとてもしっかりした作りになっている。
回す時に重くなく、カリカリと引っかかる感触もちゃんと伝わってきます。
ホイールクリックはちょっと硬めかも知れない。
サイドボタン
ストレスなく押せる位置にありとても快適。
ただ前述したとおり左右に付いているので使わない方(右利きの場合右側)が指に当たって、最初は気になる。
ちなみに使わないサイドボタンは設定により無効化出来るので誤爆しても問題はありません。

-ソール-
接地面積が広いのであまり滑りは良くありません。なんかペタペタした感じ。
個人の好みによりますが、僕はあまりこのソールの感触は好きじゃなかったのでこのソールの上にIE3.0用のソールを貼って使ってます。

-ケーブル-
布製で、好きな形にすることができます。
マウスバンジーでコードを持ち上げて、その先をちょっと膨らます感じにすれば全く邪魔になりません。

-使用感-
マウス感度を100~5001の数値で指定できるので自分にぴったりの設定に出来ます。
また直線補正やマウス加速、ポーリングレートなども細かく設定できるため、とてもカスタマイズ性の高いマウスといえる。
(まぁ多くの人は直線補正もマウス加速もオフにすると思うし、無料系FPS、特にSAはポーリングレートを125hzにしないと挙動がおかしくなるのであまり設定する必要無いけれど・・・)

ドライバを使わずに上記の設定をマウス単体で行うことが出来るのも特徴。他所のPCでゲームをする際にドライバをインストールするなどの手間が掛からずとても便利でした。

全体的に好印象のXaiですが、一つだけ不満を挙げるとすると「マウス加速が切れない」という問題があります。
マウス加速の設定をオフにしてもほんの少しだけ加速が入ってしまいます。プレイ中に目立った支障が出るなどは有りませんが、神経質な人は注意。




-まとめ-
全体的に好印象。ハード的な問題はなく、ソフト面にマウス加速が入るという問題があるが余程神経質な人でない限り支障はほとんど無い。形状が左右対称なので若干好みの分かれるところであるが個人的には今まで持ったマウスの中で一番持ちやすかった。




はい、そんな感じでXaiのレビュー(的なもの)でした。
Xaiすごく使いやすくて良いですよ!ただ少し値段が張るのがネックですね。「マウス如きに1万なんて出せるかよ!」って人にはオススメできないかも。逆に「フフン、俺金持ちだから1万なんて余裕だぜ」ってひとはXai上位版の「sensei」を買ってみるのも良いかもしれません。ただコーティングがXaiと異なり金属製なので握り心地が人によって変わってくると思う。(SACTLwinterオフライン会場のSteelブースで触って来ましたが、僕はあまり好きになれませんでした。)


ではこんな感じで、拙い文章でのレビューでした!





以下コメント返し(遅れてごめんなさい)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。